プラセンタの成分でアンチエイジング

日本では高齢化社会が進み、平均寿命がとても長くなりました、
長い人生を送る中で、なるべく健康で若々しい体を保ちたいと思うでしょう。
そこで多くの人が取り入れるのがアンチエイジングです。

今アンチエイジングに効果的なものがたくさんあります。
中でも、日常の食生活では摂取できない成分でアンチエイジング効果を得ることもできます。
その一つに挙げられるのが、プラセンタです。

今アンチエイジングで注目されている成分の一つで、化粧品やサプリメントなど様々な商品に含まれています。
具体的にプラセンタでどのようなアンチエイジング効果を得られるのでしょうか。

プラセンタは哺乳類の胎盤のことをさします。
胎盤は受精卵が細胞分裂を繰り返し、体外に赤ちゃんとして誕生するまで重要な役割をしています。
子宮内での成長の早さは、体外での成長とは比べ物にならないほどのスピードです。
これだけのスピードで成長するのは、プラセンタに含まれている成長因子の働きです。

成長因子は細胞分裂を活発にする働きがあり、常に新しい細胞が体内を形成します。
肌の細胞も活発になるため、肌の真皮に含まれるヒアルロン酸やコラーゲンが形成されて肌のハリや潤いが保たれます。
この成長因子は肌以外でも体の内臓の細胞の活性化にも効果があるため、体全体が若返ります

またプラセンタには強い抗酸化作用があります。
私たちの体は、ストレスや紫外線、添加物など様々な影響を受けて活性酸素をため込んでしまいます。
活性酸素は細胞を酸化させてしまい、細胞が正常に働かなくなり破壊されてしまいます。
すると老化現象や有害物質が発生して、がんなどの病気を発生させてしまいます。

アンチエイジングには活性酸素をいかに排出することが重要です。
その働きがあるプラセンタはアンチエイジング効果が高いといえます。
美容効果だけでなく、体全体に効果が期待できます。
さらに老化現象を遅らせるだけでなく、細胞を活性化することで老廃物を排出して若々しい体を保つことができます。