プラセンタでなめらかな肌作り

アンチエイジングで最も気にするのは、見た目年齢です。
実年齢よりも見た目年齢の方がずっと若い美魔女と呼ばれる人がとても増えてきています。
見た目年齢を大きく左右するのが肌の状態です。

肌のシワやたるみシミなどが少なく、くすみが少ない白い肌、保湿が高まりハリのある肌が若々しい肌といえます。
中でもハリのある肌は、シワやたるみの予防につながり、表情も明るく見えます。
保湿が高い肌は、なめらかな肌を保つためにはとても重要です。

肌の保湿に必要な成分は、肌の奥にある真皮と呼ばれる組織にあるコラーゲンやヒアルロン酸です。
どちらも肌の保湿成分を保つ働きがあり、不足してしまうと乾燥したりシワの原因につながります。
コラーゲンやヒアルロン酸がたくさん含まれていると、水分量が確保されて肌の乾燥を防ぎ潤いやハリのあるお肌を保つことができます。

これらのコラーゲンやヒアルロン酸は、10代から20代がピークとなり、40代後半ぐらいになると減少していきます。
生まれたての赤ちゃんの肌を100%とするならば、40代後半になると約半分ぐらいしか保湿が補われていません。
さらに70代になると25%となり肌の老化現象がどんどん進んでいきます。

なめらかな肌にするためには、保湿をいかに補うかが重要になります。
そこで効果的な働きをするのが、プラセンタです。
プラセンタに含まれる成長因子が、保湿のもととなるヒアルロン酸やコーラゲンを作り出す作用があります。
細胞を分裂を起こすことで、常に新しい細胞が肌を作り上げます。
そうすることで肌のターンオーバーが正常化して、肌が常に新鮮な状態を保つことができます。

さらにプラセンタには血行促進させる効果があるので、血流を良くすることで新陳代謝を高めることもできます。
なので、肌の新陳代謝にはとても効果的だといえます。
赤ちゃんのようななめらかな肌は、いかに老廃物を排除して新しい細胞で肌を形成できるかで異なってきます。