プラセンタの理想的な選び方

アンチエイジングの商品がたくさん販売されている中で、プラセンタの人気がとても高くなっています。
プラセンタは、日本語で胎盤を意味する言葉です。
胎盤は多くの細胞分裂を繰り返す成長因子が含まれています。
そのため摂取すると体内の細胞が活性化されて、老廃物も排除してくれます。

プラセンタの摂取方法として最も多いのがサプリメントです。
しかしサプリメントの場合は、自分で品質内容を理解してから購入しなくてはいけません。

そこで選ぶ際のポイントは価格と原材料です。
まず原材料に関しては、日本で販売されているプラセンタサプリメントの原材料はブタかウマがほとんどです。

比較的ブタプラセンタの方が安価に購入できます。
ブタの方が一年間の出産回数が多いため、原材料が入手しやすいという特徴があります。
ウマは一年に一度しか出産しないため、原材料が大量に確保することができないのでブタよりも高い場合が多いです。
またブタは一度の出産で何匹も産むため、胎盤が薄くなっています。
ウマの場合は、一匹しか出産しないため胎盤が厚くて豊富な栄養素が含まれています。
ウマのプラセンタに含まれるアミノ酸の含有量はブタよりも300倍近く多く含まれています。
プラセンタはどれも同じと思いがちですが、原材料が違うだけでここまで栄養素に大きな違いが出てきます。

またブタやウマの中でも飼育環境が整っている方が良質なプラセンタを摂取することができます。
ブタの中でもはSPF豚は、厳しい環境のもと飼育されていて、第三者機関によって品質が認められています。
またウマの中でもサラブレッドの胎盤は、最も飼育環境も厳しく良質なプラセンタといわれています。

これらの品質を理解したうえで、それぞれの価格を比較して購入していきましょう。
サプリメントの場合、毎日摂取することで徐々に効果を得ることができます。
人によって効果の表れ方も違い、最低でも2、3ヶ月から半年は摂取し続ける必要があります。
高価なものでも継続できなければ十分な効果が得られません。
毎月続けられて経済的に負担が少ないものを選ぶようにしましょう。