プラセンタの種類

アンチエイジング効果高いものとして、注目されているのがプラセンタです。
一度は聞いたことがあるという人も多いでしょう。
プラセンタはサプリメントや化粧品にも含まれていて、とても身近な成分の一つになりつつあります。

プラセンタは日本語で胎盤を意味します。
受精卵が子宮に着床して子宮内で成長していくうえで、数え切れないほどの細胞分裂を繰り返します。
受精卵が成長していくためには、母体から必要な栄養素を送り込まなければいけません。
その重要な役割をしているのが胎盤です。
その胎盤には多くの栄養素が含まれていて、その有効成分だけを抽出して作られたのがプラセンタです。

プラセンタを摂取する際には、医療機関で摂取する方法とサプリメンや化粧品などにも含まれています。
それぞれ特徴が異なり、摂取方法の違いもあります。

そこでプラセンタにはどのような種類があるのでしょうか。
プラセンタは哺乳類なら必ず持っていますが、人間が摂取できるものが限られています。
まずヒト、ブラ、ウマ、ヒツジなど動物性があり、最近では植物性や海洋性などの種類もあります。
この中では動物性のものが、一番効果が高く人間には適しているといわれています。

ヒトプラセンタに関しては、医療機関でしか接種することができない成分になっています。
それに対してブタやウマは、サプリメントや化粧品など様々な商品に扱われています。

ブタとウマを比較すると、感染症や栄養素の高さなどウマのほうが優れているとされています。
なので原材料がウマの商品の方が高価なものが多いです。
ブタは出産の回数も多く入手しやすいですが、SPF豚の場合は基準も厳しく品質が高いといえます。
ウマもサラブレットの場合は、品質だけではなく年間抽出できる量が限られているので高価になります。

原材料の違いや飼育環境の違いによっても、プラセンタには種類があり摂取方法も異なります。
毎日摂取することで効果が得られるため、継続的に使用できる価格の中でより品質が高いものを選ぶようにしましょう。